『節税』はしていても『社会保険料適正化』がまだの会社のために。合法的に社会保険料の適正化対策をお手伝いする社会保険労務士・橋本事務所です。

社会保険には誰でも入れるの?

社会保険の加入基準

社会保険(健康保険・厚生年金保険)と労働保険(労災保険・雇用保険)では、新規加入の基準が異なっています。

社会保険(健康保険・厚生年金保険)

強制適用事業所

1、常時従業員を使用する法人の事業所

2、常時5人以上の従業員を使用している個人事業所
(農林水産、飲食業、サービス業の一部などの個人事業所を除く)

強制適用事業所とは、上の1か2に該当する事業所です。法律により、会社や従業員の意思に関係なく、社会保険への加入が定められています。社長1人の会社(法人)も強制適用です。個人事業主は加入できません。

任意適用事業所

1、従業員5人未満の個人経営の事業所
2、農林水産、サービス、旅館、飲食、理美容、映画演劇、弁護士・会計士、宗教関係団体などの個人経営の事業所(従業員数の制限はない)

任意適用事業所とは、事業所で働く半数以上の人が適用事業所となることに同意し、事業主が申請して社会保険事務所長等の認可を受けると適用事業所になることができる事業所のことです。

労働保険(労災保険・雇用保険)

適用事業所

労働者を1人でも使用するすべての事業(個人・法人問わず)が強制加入

例外

1、公務員等と船員は除外
2、一部の農林水産業は任意適用

社会保険料削減・節約対策センターでは、社会保険・労働保険の新規加入の豊富な実績がございます。
社会保険・労働保険の新規加入について、ご不明な点等がございましたら、社会保険料削減・節約対策センターまでお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら

PAGETOP

社会保険料適正化の必要性、適正化のメリット・デメリット、適正化チェックシート等の情報提供を通じ社会保険料・労働保険料を合法的に適正化するお手伝いをします。運営は埼玉県・東京都をサポートしている埼玉県さいたま市の社会保険労務士橋本事務所。

Copyright (c) 2016 社会保険料適正化サポートセンター. All Rights Reserved.