平成28年10月から「短時間労働者に対する厚生年金・健康保険の適用が拡大されます。

今までは「103万円の壁」「130万円の壁」と言われる基準がありました。

103万の壁

例:妻の年収が103万を超える

  • 妻自身に所得税が発生。
  • 夫が所得税の配偶者控除を受けられなくなる。

130万の壁

例:妻の年収が130万を超える

  • 妻が、夫の社会保険の扶養者から外れる。
  • 妻自身で社会保険に加入する(妻自身と妻の勤務先で社会保険料負担)または国民健康保険に加入する。

平成28年10月からは「106万円の壁」が新たにできることになります。

106万の壁

  • 妻が、夫の社会保険の扶養者から外れる。
  • 妻自身で社会保険に加入する(妻自身と妻の勤務先で社会保険料負担)。

106万の壁が該当するケースは次の通りです。

  • 週20時間以上
  • 月額88,000円以上(年収換算106万円以上)
  • 勤続1年以上
  • 従業員501人以上の企業

※学生は除外
今まで、扶養の範囲内で働いていた人が、扶養から外れるというになります。

現行 改正後(平成28年10月~)
週30時間以上(正社員の概ね3/4以上 ) 週20時間以上(正社員の概ね3/4以上 )
月額賃金8.8万以上(年収106万円以上)
勤務期間が1年以上
従業員501人以上の企業
※全てを満たす者が対象

企業の対応策

今後、扶養の範囲内で働くことを希望する場合は、次のことをクリアする必要があります。

501人以上の企業で働く場合

  • 労働時間を週20時間未満で年収を130万円未満
  • 労働時間が週20時間以上30時間未満の場合は、年収を106万円未満

500人以下の企業で働く場合

  • 労働時間を30時間未満で年収を130万円未満

今まで以上に従業員の勤務時間管理と収入の管理を行う必要が出てきます。